カウンター カウンター

観光情報ハウスは最新の八幡市観光情報を発信しています


 -観光情報ハウスホームページ (やわた観光ガイド協会発行)- 



「最新情報」


やわた観光ガイド協会主催の

「八幡のまちと祇園祭蟷螂山カマキリの縁を訪ねる」

7月13日に終了しました。

まずは石清水八幡宮に昇殿参拝して、本殿を囲む瑞垣

のカマキリの彫刻を見学。

蟷螂山の水引の図柄はこの彫刻を参考にしたと言われていて、カマキリとその好物である橘が彫られています。

またここ彫刻は徳川家光の寄進で、カマキリは中国の故事で勇猛果敢の象徴とされ、蟷螂山のカマキリは八幡で戦死した四條隆資卿の武勇に因んでいる言われています。

 

石清水八幡宮から蟷螂山がある京都は西洞院通へ移動。

雨対策でカマキリはすっぽりビニールを被って、その姿見えなかったのは残念でしたが、雨は幸い小休止で舁き初めは予定通り行われました。

舁き初めを体験した後は、やわた観光ガイド協会のガイドが祇園祭の歴史、鉾と山の違い、蟷螂山のカラクリなどについて説明しました。

最後に蟷螂山保存会の方から、蟷螂山の大スポンサーだった陳大年*の話を中心に、蟷螂山誕生の話や蟷螂山のモチーフになった四條隆資卿の話などをしていただきました。

*陳大年は中国から父親と日本に亡命してきて、医者であった父の知識や技術を受け継ぎ、京都で財をなした人物です。

 

ツアーの詳細は下記「蟷螂山ツアー」をクリックして下さい。



相槌神社移転のお知らせ

 相槌神社は神社裏手の石垣が崩落する危険があるため、参拝者の安全を考慮して7月1日から社務所を春日神社に 

 します。月次祭は今までどおり毎月1日と15日に移転先で行います。受付時間内は相槌神社にもスタッフ常駐予定

 なので山の井の見学は可能です。詳しくは相槌神社のホームページ(https://aitsuchi-jinja.or.jp/transferを参照

 

 ください。

 移転先までの地図は下記のとおりです。





5月25,26日の両日開催された八幡市観光主催の「新緑~やわた文化財一斉公開」は、盛況のうちに終わりました。

詳しくは下記の「新緑~やわた文化財一斉公開」をクリックして下さい。


5月27日のやわたガイド協会主催の「八幡再発見~日本遺産『浜茶と流れ橋』をめぐる」は、無事に終わりました。

詳しくは下記の「浜茶と流れ橋」をクリックして下さい。


「お役立ち情報」


はちまんさん(男山)健康登山のすすめ

100回登山で記念バッチプレゼント  スタンプ帳は情報ハウスにもおいてます



八幡宮の社殿拝観ツアー御案内

石清水八幡宮の社殿内部に昇殿し、神職が由緒説明や社殿の見どころを案内するツアーがあります。

 

 実施日  :   2月4日から12月30日までの間の毎日。

 出発時間: 11時と、14時からの2回。

 初穂料  : 高校生以上千円。小中学生5百円。

         (初穂料は文化財修理費に充当)

 内容   : お祓い・参拝の後、神職が案内。約40分間。

 その他  : 10人以上の団体は、上記時間外でもご案内できる場合があります。八幡宮社務所にお問い合わせ下さい。

     TEL 075-981-3001.


「流れ橋(上津屋橋)」渡れます!

2018年6月8日(金)、流れ橋 (上津屋橋)が開通しました。

 昨年10月の台風21号による豪雨で橋板が流出し、通行止めとなっていた上津屋橋(通称:流れ橋)の復旧工事がこのほど完了し、68日、約8カ月ぶりに通行が再開されました。橋には通行再開を待ちわびた人たちが集まり、通行止めが解除されると久しぶりの橋の上からの景色を楽しみながら流れ橋を渡っていました。

 

 ※ 流れ橋(上津屋橋)は、京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ、一級河川木津川に架けられた木橋で、1953年(昭和28年)3月に、渡し船に代わる府道として設置されました。この橋は八幡城陽線、府道281号線に属しています。


平成31年/令和元年  正法寺公開日

 

平成31年/令和元年の正法寺の公開日:

  4)・6日()・7日(
     5
25日(土)・26日(
     6
22日(土)・23日(
    10
26日(土)・27日(
    11
23日(土)・24日(

 

 公開時間: 午前10時半から午後3時まで。

 参拝料 : 700円

 

 

<催事>
 
観月の夕べ(主催:正法寺奉賛会・護寺団体)
     ◎日時    913日(金) 午後630
    ◎拝観料  1名様 500

◎ 10人以上の団体は、上記以外の日でも参拝できる場合があります。事前にご相談ください。電話 075-981-0012 

                 


令和元年  泰勝寺公開日

令和元年 泰勝寺公7開日:事前予約必要

 7月13日()  9月15日() 1014()  

  1117() 12月13日(金)

時間 :10時~15時 

    10:00 11:00

    13:00  14:00  15:00     

             

 

各日共に時間帯によっては、既に定員に達し

ている場合がございますので、詳細は直接

お問い合わ下さい。             

                                           

   

    

 

 

参拝料: 500円(お茶・お菓子付き)

                                                                                        連絡先:【電話番号】075-981-0056 

                                                                           【住所】八幡市八幡平谷18


善法律寺本堂一般公開開始

詳しくはHPで



2月11日エジソン生誕祭斎行

 1879年にトーマス・アルバ・エジソンが炭素白熱電球を発明し、電球発明の翌年から十数年間、発光体である炭素フィラメントに八幡の竹(マダケ)を使用して電球を製造・販売しました。 そこで1929年に電灯発明50周年を記念し、八幡に記念碑を建てエジソンの功績を永久に伝え讃えることになりました。現在の記念碑は、エジソン彰徳会により1984年に再建されたものです。

 八幡市は、1986年8月に、エジソン生誕地の米国マイラン村と友好都市協定を結びました。 

 石清水八幡宮では、世界の発明王の遺徳を偲び、エジソンの誕生日である2月11日にエジソン生誕祭、命日である10月18日にエジソン碑前祭を斎行し、記念碑前で日米両国の国歌を奉奏し、国旗を掲揚しています。

 特にエジソン碑前祭では、エジソン彰徳会や電力会社関係者参列のもと、カーネーションの花輪を碑前にお供えしています。

 本年も、2月11日正午にエジソン生誕祭が碑前で斎行されました。